IPLの歴史

IPLが日本に皮膚の治療として導入されるようになってから、10年以上が経過しました。今や定番の治療と一つとなっています。レーザーとは異なり、広帯域の波長を発振するので、IPLの治療の適用範囲は多岐に及びます。
色素性病変、血管性病変、多毛(脱毛)、加齢皮膚などに対する汎用性の高い治療として用いることが出来ます。 続きを読む IPLの歴史

レーザーとIPL

レーザーが皮膚治療に用いられるようになってから数十年が経過しています。日本においても約20年の歴史があります。IPL(Intence Pulsed Light)はその半分の期間に過ぎませんが、それでもすでに10年以上の歴史を持つ治療法です。 続きを読む レーザーとIPL

大人ニキビとクレンジングマッサージ

10代の時のニキビは過剰な皮脂分泌によって生じるもので、治すのはさほど難しくありません。クレンジングマッサージでもいいですが、市販の薬や皮膚科での処方といった対症療法的なものでしのいでも長引くことなないでしょう。
大人ニキビはそれに比べて厄介です。10代のニキビは皮脂分泌が過剰なTゾーンに現れますが、大人ニキビは場所を選びません。ほほだったり、あごの部分や首筋にまで。こうしたニキビはホルモンバランスやストレスも関わっていますが、最大の原因は肌体力の低下です。時間を掛け、代謝をアップさせてじっくりと対処していくのです。
大人ニキビがフェイスラインまで出ている時はまちがいなく、肌も体も、そして心も疲労のピークにあります。食事や睡眠時間が不規則になるというベースがあり、そこに精神的なストレスが加わるとブワッとニキビが噴出します。肌が限界まで溜め込んだものを出している状態なので、クレンジングマッサージできちんと出しきることが肝心です。
出しきる過程において、いわゆる好転反応のようにニキビが奥からぽろぽろと出てくることもありますが、ご心配なく。固かった皮膚がマッサージでやわらかくなって肌本来の排出機能が目覚めてきた証拠です。ニキビが出て治ったあとの肌を見てみれば、前よりも明るく白く、透明感があるはずです。炎症をこじらせて増加しているニキビとは違い、溜め込んでいたものを出し、確実に良くなっているのです。こうしたニキビはニキビ痕にはなりませんし、肌体力がつけばニキビも出なくなります。

調布 ミュゼ

結婚できない理由

平成17年に国立社会保障・人口問題研究所が実施した、「第13回出生動向基本調査 結婚と出産に関する全国調査ー独身者調査」によると、18歳から34歳までの男女で「結婚できない理由」について共に一番の理由にあげられているのが「適当な相手にめぐり会わない」でした。また、2番めに多いの理由も男女共通で「結婚資金が足りない」です。3番目に多い理由は男性はどの世代においても「異性とうまく付き合えない」で、女性でも25歳から34歳の世代においては「親や周囲が同意しない」という理由を抑え3番目に多い理由になっています。特に18歳から24歳の若い男性においてこの「異性とうまく付き合えない」という回答が大きく伸びてきています。 続きを読む 結婚できない理由

ETCカードは付加価値をつけた奪い合い

クレジットカード会社の新規会員獲得のためのトレンドは「ポイント還元」です。特に電気料金やガス料金、さらには市民税や軽自動車税などの税金にいたるまで、これまで銀行の口座振替が圧倒的だったところに、クレジットカード会社が「ポイント還元」を武器にして、普及を図ってきています。
そもそも公共料金振替サービスは、銀行にとっても有力な手数料収入のひとつで、電気、水道、ガス、電話、NHK受信料は「5大公共料金」と呼ばれていました。しかし銀行では現在、膨大な取扱量に比して手数料が安い不満を持っており、これがクレジットカード決済への道を拓いたとも言えます。
高速道路などの料金所を低速でスルーできるETCも、クレジットカード会員増強のための有力なサービスツールになっています。国土交通省によると、2001年3月のETCスタート以降、ETC車載器セットアップ発行件数は2010年10月現在で4050万件(累計)を記録しています。ETC普及率は86%にも達しています。クレジットカードは現在約3億枚で「ETCカード化率」は14%です。普及率を考えると、ETCカードは既にカードホルダーに定着し、頭打ちンいなると思われます。クルマを買い替えても車載器は再セットアップしなければなりませんが、ETCカードはそのまま継続使用できるからです。「1000円高速」などの実施で急増しましたが、ETCカードは残されたパイを巡って付加価値をつけた奪い合いが始まりそうです。